ヤングケアラー

 

ヤングケアラーとは

通学や仕事のかたわら、障害や病気のある親や祖父母、年下のきょうだいなどの介護や世話をしている18歳未満の子どもを指します。

 

算命学では

子どもの頃に、子どもらしく過ごすことがとても重要であり

子どもには、子どもとしての役割があると捉えます。

今回は、算命学が考えるヤングケアラーについて記述します。

 

子ども時分を初年期といいますが

初年期の過ごし方が、人格形成に強い影響を与えると考えます。

人生観の土台が出来る時期に、辛い思いを抱えることが多ければ

ヤングケアラーを卒業した後、自分の人生に対して悲観的になってもおかしくありません。

 

子どもらしく過ごせなかった場合

大人になってから、その隙間を埋めるようになると占います。

「子どもがえり」と言われる行動も、その一つですが

分かりやすいのが、子どもが欲しがるようなモノを買い集めることです。

 

初年期から中年期、そして晩年期へと続いていきます。

自分が歩んできた道は、一本道。

そこだけ無かったことには、出来ません。

 

自分の宿命からの姿を活かすこととは

子どもは、子どもらしく生きること。

このことが自分の持つ宿命を活かす、はじめの一歩です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

noteにて販売しております。

 

コロナと同一「天中殺」について

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

この記事が参考になった方へ 算命学では貰い受けたモノに対して返す、という考え方があります OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です