尾上菊之助さん 宿命中殺 生月中殺 子ども自身の宿命からも

尾上菊之助さん 1977年8月1日生まれ「午未天中殺」

 

「生月中殺」であること

「宿命中殺」は、いくつかの種類がありますが

その中でも家系との縁が薄い「生月中殺」です。

長く続いてきた家系に、この「宿命中殺」を持つ者が生まれます。

(野村萬斎さんと同じ種類の「宿命中殺」です)

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

長く続いてきた家系を、大木に喩えると

大木は枝打ちが必要であり、この枝打ちされた枝にあたるのが

「宿命中殺」の中でも、「生月中殺」(せいげつちゅうさつ)を持つ者です。

「生月中殺」を消化するためには、家系から離れて生きていくことです。

 

代々続いている歌舞伎界で生きていくこと、更に成功をすること。

これらのことは「生月中殺」の消化にはならないと捉えます。

 

母親と子どもとの縁が薄い宿命

「宿命中殺」の作用が、母親・妻・子どもに表れています。

(他にも表れていますが割愛します)

これらのことを、母親中殺・妻中殺・子ども中殺といいます。

中殺にあたる人物→母親・妻・子どもというのは

菊之助さんから見た場合、縁が薄くなります。

よって、縁が薄いなりの関係性でいることが望ましいです。

 

中殺にあたる人物(相手)と自分との間に、運勢の引っ張り合いが起こります。

自分の運勢が上がると、相手の運勢が下がる。この反対も然りです。

同じ家族であっても、運勢のバランスが取れなくなる一つの例です。

 

「生月中殺」の消化は、むつかしいところがあります。

ズバリ、家系は継げない宿命です。

但し、或る状況下においては継ぐことも可能です。

しかしながら、尾上家の状況から鑑みた場合

「生月中殺」の者が継ぐことは、本人としてはいづれ無理が生じてくると占います。

 

このことの表れとして、現状で言えるのは

二人のお子さんも「宿命中殺」を持って生まれていることです。

しかも、二人のお子さん共に父親中殺で、父親の運勢にダメージを与えると占います。

宿命にもDNAがあり、親自身の宿命の未消化が子どもの宿命に表れます。

 

「生月中殺」を消化するにあたって、他にも重要なことがあります。

「生月中殺」が未消化である場合、本人の〇〇運が下がると占います。

こちらにつきましては、サイト(ココナラ・ベイス)ではお伝え出来ないところがあります。(サイトの規約上)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です