瑛人さん活動開始は大運天中殺 初旬大運天中殺 天将星あり

 

瑛人さん 1997年6月23日生まれ「辰巳天中殺」

 

活動開始は「大運天中殺」

活動開始の2019年の運気からは

「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

「大運天中殺」は、6歳から始まって20年間続いています。

現在23歳「大運天中殺」が明けるまで残り約2年半。

「大運天中殺」は、明ける前に大きく伸びることがあります。

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します

 

最初に回ってくる運気の状態が示すこと

大運からは、或る特徴的なことが表れています。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

初旬→6歳から始まって10年間が「大運天中殺」です。

 

初旬とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運であり

人生の基礎や、土台が形成される大運です。

この初旬が「大運天中殺」である宿命です。

このことが、今後の人生において大きく意味を持つことや

生き方や考え方として、持つべきスタンスがあります。

 

同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁谷日向子・宮里藍

 

初旬が大運天中殺となること

「大運天中殺」は、不安定な運気であること

つまり、読めない運気でもあること→自分にとって枠が無くなる状態。

このことが自分の持つ能力以上の力を発揮出来ることにもなります。

(但し、本人の置かれた環境によるところアリ)

 

「大運天中殺」で出した成果に対して、謙虚でいることです。

出した結果に対して、「自分の実力だ」と勘違いするほど

「大運天中殺」が明けてからのリバウンドが大きく現れると占います。

 

「大運天中殺」が明けてすぐに

26歳の誕生日を迎えると「大運天中殺」は明けるのですが

次の10年間ごとに回る運気=大運からは、大きな節目が表れています。

この節目が意味することは、これまでとは人生が大きく変わること。

特に、「大運天中殺」が明けたということも、節目をより大きくすると占います。

 

「天将星」が存在する宿命

最大のエネルギーを有する星「天将星」が存在します。

「天将星」をミュージシャンとして消化させていくことは、大変です。

すべてのことを自分の思うようにコントロールしたい

そういった気持ちが非常に強いからです。

過去において多くの苦労を乗り越えてきたかどうか、ということも

「天将星」にとっては非常に重要なことです。

 

今後を占う際において

・若くして人気が出たこと

・下積み時代がほぼ無いこと(天将星は長い下積みが必要)

・「大運天中殺」が明ける前にヒットしたこと

これらのことだけでも、なかなか厳しいのではないでしょうか。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

算命学が考える自分の運勢を下げない生き方

スタンドエフエム始めました #宿命にも松竹梅がある

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です