松井一郎 大阪府知事 政治活動は大運天中殺の期間限定

 

松井一郎 大阪府知事 1964年1月31日生まれ「申酉天中殺」

 

初当選は、2003年4月 大阪府議会議員選挙 自民党の公認を得て立候補

この年から20年間、「大運天中殺」が始まっています。当時39歳

「大運天中殺」とは、不安定な運気であり、且つ読めない運気。

「大運天中殺」での当選は、自分の実力以上の力を発揮出来たためと捉えます。

 

2020年11月現在56歳で「大運天中殺」が明けるのは 2023年の1月31日。

「大運天中殺」の流れとして言えることは

松井氏の場合「大運天中殺」が明けるまで、残り2年3か月ほど。

これを鑑みた場合、「大運天中殺」の禍が強く現れてもおかしくないと占います。

「大運天中殺」では

自分がその立場に就かせてもらっている、という姿勢が求められます。

 

11月1日の住民投票は、「天中殺の日」(戊申日)

同時に、2023年に政界引退を発表し

翌日には「大阪維新の会の代表」も近く辞任する意向を表明。

こちらも「天中殺の日」(己酉日)

算命学では、住民投票日が「天中殺の日」となることは、単なる偶然ではないと考えます。

また、辞任を表明した日についても同様です。

 

これまで続いてきた「大運天中殺」の持つミラクルパワーが切れかけているのではないか。

更にこのことによって、急に体調面での不調を感じるといったことが

起こるのではないかと占います。

(既に、今年に入ってから感じていてもおかしくないことが表れています)

 

冒頭で、「大運天中殺」とは読めない運気と申しましたが

読めないとは、体力面で無理が効いてしまうことがあります。

 

「大運天中殺」に入ってから、政治家となり

「大運天中殺」が明けると同時に、引退をする

これらの答えは、そう長くない先に現れてくると占います。

 

大きな改革を成し遂げたいのであれば

〇〇なモノを持つ宿命であることが望ましいです。

松井氏の宿命からは、表れていません。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考えるお墓について

スタンドエフエム始めました #宿命にも松竹梅がある

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です