勘違いさせる力→この運気は誰しも回ってくる

 

以前、トランプ氏の宿命鑑定で

「自分を示す星」と「相手を示す星」とが、合致している姿

星は他の星と合致することで、よりその強さを増すことになり

そして、カリスマ性の発揮にも繋がる

このように星と星とが合致することを「干合」(かんごう)といい

干合を喩えると、ウルトラマンに変身するといった感じで

自分が自分以外の者に変身することで、より強くなる。とお伝えしました。

トランプ氏の持つ 相手に勘違いさせる力

 

自分の宿命がカリスマ性を発揮することが表れていなくても

後から回ってくる運気を使うことが可能です。

 

「自分を示す星」と合致する相手となる星は、誰しも運気から回ってきます。

~運気の見方~

・年ごとに回る運気→年運は10年間のうち1年間回る

・月ごとに回る運気→月運は10ヶ月間のうち1か月間回る

・日ごとに回る運気→日運は10日間のうち1日回る

※10年ごとに回る運気→大運は、回ってくる宿命とそうでない宿命がある

 

ここで留意してもらいたいことは

上記した大運・年運・月運で回っている時は

自分自身が勘違いしやすいということです。

相手を勘違いさせる力とは、自分自身も勘違いを引き起こしている状態です。

 

特に大運や年運で、こういった運気になると、大きく伸びることがあります。

これをそのまま受け止めていってしまうと、後になって大変なことに…

理由は、この運気が終わってしまうと、変身モードでなくなるためです。

そう、変身する前の自分に戻るから…

これらのことを解かっているといないとでは、大分違うのではないでしょうか。

 

実在の人物で、変身モードの宿命を持っていた人を挙げます。

故 田中角栄氏です。

宿命からは、もともと変身モード(干合)がありました。

田中角栄氏の変身モードは、かなり強いタイプで

変身モードが繰り返される姿となっています。

こうなると、もはや本来の自分が分からなくなってしまうほどの変身です。

実際に首相に就いたことで、更に変身モードは進んでいったと捉えます。

 

その立場に立つことが、名誉を手にすることが

宿命を持つ本人にとって、果たして見合うことなのかどうか…

変身モードは、状況によっては気をつけてもらいたい運気です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 遺産相続について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら