三浦弘行棋士 大運天中殺 天将星ダブル

三浦弘行棋士 1974年2月13日生まれ(過去のブログで記載していた内容から)

最大のエネルギーを有する星「天将星」が、二つも存在している宿命です。

エネルギーとしては、相当に強い宿命と捉えます。

(天将星は、一つ存在するだけでも消化が大変な星)

 

性格面の特徴から

非常に繊細で神経質な面が伺えます。

ナルシストで、様々なことを美化して捉えます。

根拠のない自信を持つところがあり、この自信は先の「天将星」と併せて鑑みると

相当な自信家となると占います。

自分のカラに閉じ込もる傾向があるために、身近な人にさえ容易に本音は明かしません。

但し、自分が心を開いた相手に対しては、大変細やかな気遣いや優しさを見せます。

 

全体的な運気の流れから

37歳から始まって、20年間は「大運天中殺」といって不安定な運気です。

2020年9月現在46歳

「大運天中殺」とは、運気としては不安定となります。

 

「大運天中殺」からは、仕事・役割といった意味合いの星が回っています。

これを「攻撃本能の星」といいます。

将棋棋士であり「大運天中殺」であることを鑑みると

勝ちに強くこだわった結果の勝利は、自分の運勢にとって望ましくありません。

勝つことはいいこと、勝たねば意味がない、と思う方もいるかもしれませんが

「大運天中殺」では、勝ち方が重要なのです。

運勢にとって望ましい勝ち方とは

勝ちにこだわらないこと、負ける時は潔く負けることです。

更に、勝った時は自分の実力以上の力が発揮されたため

といった、控えな気持ちでいることです。

 

今年の運気から

「守護神の星」の反対の意味を持つ「忌神」が回っています。

「忌神」が回ることで、苦労としてはより多くなります。

全体的な運気と、今年の運気とを合わせて見ますと

これまで自信を持っていた状態とは、正反対の状態となる→

大きく自信を無くすのではないかと占います。

「天将星」を持つことで、物事や状態が大ごとになります。

「天将星」の持つ強い大きなエネルギーを、物事に向けて正しく燃焼させること。

そういった生き方が宿命として求められます。

 

しかしながら、強いエネルギーであるが故に、むつかしいところもあります。

算命学では「天将星」が抱えていくむつかしさがあると考えます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

【子どもが「天将星」を持つ場合】こちらについて教示いたします。

鑑定案内をご希望の方は、下記のフォーマットからお知らせください。

 

龍メイnote 「子どものいない結婚について」

スタンドエフエム始めました 石原さとみさん

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

お問い合わせ・個人鑑定はこちら