あいみょんさん 初旬大運天中殺 現在大運天中殺

あいみょんさん 1995年3月6日生まれ

 

宿命から表れている偏り

2種類の星しか表れません。

(星は全部で5種類ある)

このことが意味するのは

考え方や生き方が普通一般的でないことによって

宿命として、活かされるところが多くなるということ。

ただ、こういった宿命であっても

宿命を持つ本人が、普通一般的な生き方でない方を望むかは別ですが。

 

「母親を示す星」が全体6割を占めています。

(割合としては、かなり多い)

このため、様々意味において母親からの影響を強く受けること。

特に、あいみょんさんの宿命からは

実際にしっかりとした母親から育てられることが

宿命からの姿→宿命にとって有り難いことが表れています。

 

 

心の葛藤の激しさ

表れている星同士が互いにぶつかり合っている姿です。

このことは心の葛藤へと繋がります。

葛藤を受け入れ、向き合いながら生きていくか

葛藤に潰されてしまうかは、本人次第です。

あいみょんさんの葛藤からは

自身の過去と未来がぶつかり合っている状態が表れています。

 

 

全体的な運気

10年間ごとに回る運気を見ていきます。

10年間ごとに回る運気を「大運」といいます。

 

あいみょんさんの大運は、0の付く年齢が一つの大きな節目で

10歳から・20歳から・30歳から・40歳から・・・という具合に、10年ごとの運気が回ってきます。

この0の付く年齢の前後1年間くらいは、運気の流れの大きな変化時期です。

 

 

最初に回ってくる運気の状態が示すこと

あいみょんさんの大運には、或る特徴的なことが表れています。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

初旬→10歳から始まって10年間が「大運天中殺」

(大運天中殺とは、不安定な運気を意味する)

 

初旬は、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運であり

その人の人生の基礎や、土台が形成される大運です。

この初旬が「大運天中殺」である宿命です。

このことが、今後の人生において大きく意味を持つことや

生き方や考え方として、求められるモノがあります。

 

同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

岡村隆史さん・堀ちえみさん・ヒカキンさん・浅野忠信さん・澁谷日向子選手・宮里藍さん

 

 

初旬が大運天中殺となることで

「大運天中殺」は、不安定な運気であること

つまり、読めない運気でもあること→自分にとって枠が無くなる状態。

このことが特殊な能力を最大限に発揮出来ることにもなります。

(但し、本人の置かれた環境によるところアリ)

 

ただ、特殊な能力を発揮した場合

自分の持つ実力以上の力を発揮することも…

 

「大運天中殺」を過ぎてからが、或る意味で正念場と言えます。

本来の自分の実力を問われることになるからです。

 

今の自分に「大運天中殺」という、ミラクルパワーが働いていることを

知っているか否かで、その後の人生観はかなり違ってくるのではないかと…

 

「大運天中殺」の運気で、求められるスタンスの一つは

「大運天中殺」で出した成果に対して、謙虚でいることです。

出した結果に対して、「自分の実力だ」と勘違いするほど

「大運天中殺」が明けてからのリバウンドが大きく現れると占います。

 

「大運天中殺」では、「パートナーを示す星」が回っています。

このことが意味するのは

パートナー=夫運が犠牲となることで、「大運天中殺」での禍を軽減させることが出来る。

そのためには「大運天中殺」の期間は、独身でいるか

もしくは、頼りにならないパートナーであれば問題ないと占います。

「大運天中殺」で結果を出すとは、そういうことです。

 

 

今の大運と次の大運から表れていること

今は、20歳から始まって10年間続く大運にいます。

「大運天中殺」であろ、30歳の誕生日を迎えると明けます。

先に申したミラクルパワーが働いていてもおかしくありません。

 

更に、この大運で回っている星と、「自分を示す星」とが

合致している姿となっています。

このことが意味するのは

カリスマ性を発揮出来る大運であること。

「大運天中殺」と重なっていることからは

より強いカリスマ性の発揮も可能と占います。

あいみょんさんの現状から鑑みた場合、当てはまるのではないでしょうか。

 

このカリスマ性を発揮出来る運気も、30歳になると明けます。

30歳を迎えてからは、自分自身のカリスマ性への意識は外した方が

その後の自分の運勢にとっては、無難です。

 

更に、30歳からの大運では「守護神の星」が回っています。

守護神が回ることで、宿命からの姿に戻ろうとする作用が働きます。

特に今の状況にストップが掛かった場合、そのことに従うことです。

守護神が回ることの意味は

今の自分に必要な気付きがもたらされるということです。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 結婚における重要な事項

鑑定の御案内

算命学お悩み相談 今がどういった大運であるのかを鑑定します。

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定・お問い合わせ