宿命から見る親子関係

 

親子関係での例を挙げます。

 

親は、子どもとの縁が薄い宿命とします。

このことが当てはまるのは

・親自身が宿命中殺=子ども中殺を持つ場合(他にもあります)

・親である自分の「天中殺」や「大運天中殺」でその子どもが生まれた場合

 

親は、子どもと縁が薄くなることで

自分の子どもであるのに、どこか自分の子どもでないような感覚に陥るとか

子育てに対して、常にどこか冷めている自分がいると感じる・・・

 

算命学お悩み相談

子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命か

(親が子どもと縁が薄い場合は、起こり得ることと対処法を教示します)

 

一方で、子どもは親との縁がある宿命とします。

子ども自身は、自分の親であるという、当たり前の感覚を持ちます。

しかし、親自身の持つ宿命が、子どもとの縁が薄いことからは

その親から生まれた子どもとしては

自分の親に対して、違和感を持つといったことが起こります。

 

自分から見た縁と、相手から見た縁は、必ずしも同じになるとは限りません。

 

この親子の場合は、親子間で感覚や価値観の違いが顕著に現われると占います。

もしも、現われないのであれば、どちらかもしくは両者が宿命を消化していないためです。

 

自分の持つ宿命を活かそうとすることで、相手の持つ宿命が活かされなくなる。

この反対も言えます。

 

親子でありながら、家族でありながら

互いの宿命の持つ違いにむつかしさが生じます。

 

この違いを客観的に知るツールが算命学です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

龍メイnote 運を下げない生き方

鑑定の御案内

二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

個人鑑定・お問い合わせ