河井夫妻容疑者「名誉を示す星」が

 

河井克行 1963年3月11日生まれ 案里 1973年9月23日生まれ


河井克行容疑者 名誉の星が無い

 

宿命からは「名誉を示す星」が表れていません。

 

「名誉を示す星」が表れない者でも、国会議員や大臣になれます。

 

しかしながら、実際に国会議員となった場合

自分の立場を芯から理解出来ないといったことが起こると占います。

 

こういった場合、次の事態を招くことになります。

・正しい名誉の使い方が出来ない(名誉を履き違える)

・名誉に対する執着が強くなる

 

宿命から表れない星を活かす生き方は、それだけ大変なことであり

より多くの苦労を強いられると算命学では考えます。

 

 

 

案里容疑者 名誉中殺

宿命からは、二つの「名誉を示す星」が表れています。

 

一つは「名誉を示す星」が「宿命中殺」の作用を受けており

もう一つは「宿命中殺」の作用を受けていません。

 

こういった場合、名誉が有って無いような状況を生み出します。

(宿命中殺の作用は、物事に異常性を持たせることになる)

 

このような宿命を持つ本人の感覚は、「自分は名誉を得るに値する人間」

と思いがちになるですが、同時に勘違いをすることも。

 

「宿命中殺」の作用(異常性が働くこと)により、異常なまでの勘違いをします。

 

特に、二つの「名誉を示す星」が表れていながら、片方が中殺されていて

もう片方が中殺されていない星であることが、様々意味において複雑にさせるのです。

 

本人としては、生き方に迷いが生じます。

 

果たして、優先して活かすべきは中殺されている星?中殺されていない星?

 

 

「名誉を示す星」が宿命中殺の作用を受けることで、次のことが当てはまります。

・大きな名誉や名声を得ることが出来るか、もしくは全く得られないかのどちらか両極端になる

・名誉に固執した場合、足元を掬われることに

 

 

 

二人共に名誉を示す星が「忌神」

忌神とは、守護神の反対の意味を持ちます。

 

占術的な説明

河井克行容疑者の自分を示す星は、水性(陰)=小さな水

「名誉を示す星」は、土性=土や泥

 

名誉が大きくなると、自分である小さな水に泥が混じることになるため

小さな水としての役割は果たせなくなります。

 

このことは運勢のダメージとして捉えます。

 

 

全体的な運気の流れからは、52歳から始まって20年間は土性が回っています。

 

土性=「名誉を示す星」です。

(2020年6月現在 57歳)

 

「名誉を示す星」は回っていても、忌神であり、宿命にとって有り難くないことから

運勢のダメージを受ける可能性が高いと占います。

 

更に、今まで名誉に対する行為や捉え方に問題があると、途端にクローズアップされます。

 

 

☆補足☆

全体的な運気の流れとは、10年間ごとに変わる運気です。

今の全体的な運気に、どういった星が回っているのかを知ることで

どういう出来事が起こりやすいのかを占います。

 

 

 

案里容疑者の全体的な運気から

25歳から始まって20年間は、「大運天中殺」といって不安定な運気。

 

広島県議当選と結婚は、「大運天中殺」の運気。

 

「大運天中殺」では、「子どもを示す星」が回っています。

 

実際に子どもがいないことで、子ども運が犠牲になると捉え

その分だけ「大運天中殺」での禍が軽減されると占います。

 

「大運天中殺」で政治家の道に入ったことから、どれだけ私欲をコントロール出来るか。

 

「自分は〇〇させてもらっている」というスタンスが求められます。

 

「大運天中殺」が明けてからも、そういったスタンスでいること。

 

理由は、「大運天中殺」で政治家になったからです。

 

長きにわたって続いた「大運天中殺」が明けたのが、45歳になる誕生日2018年9月

今年と来年 2020年と2021年は「天中殺」(子丑天中殺 2020年6月現在46歳)

 

「大運天中殺」が明けて最初の「天中殺」が回ったこの時期に問題が浮上したことは

「大運天中殺」の身の処し方に問題があったと捉えます。

 

「大運天中殺」が過ぎたからといって、それで良しということではなく

過去→現在が繋がっているように、運勢も過去→現在と繋がっています。

 

 

余談:『天中殺が過ぎれば良くなりますか?』という質問を多く受けますが

「はい、大丈夫です」と言い切れないのは、運勢の繋がりがあるからです。

 

「天中殺」で起こった問題は、根が深く更に長引く可能性が高いです。

 

根が深いことからは、まだまだ露呈していない事が多いのではないでしょうか。

 

特に、案里容疑者と同じ「子丑天中殺」である関係者は

枕を高くして眠れないのでは…

 

 

今回の「天中殺」からは、「知恵の星」が回っています。

 

知恵が異常性を出す→平気でとんでもないことを考える、と占います。

 

しかし、こういった心持ちでいることを今の「天中殺」は求めていません。

 

「天中殺」での禍を軽減させる一つとして

【受け身で過ごすこと】

答えない・認めないことは、受け身ではないと捉えます。

 

 

 

二人共に「宿命中殺」が存在する宿命

二人に共通している「宿命中殺」があります。

(宿命中殺には、いくつかの種類があります)

 

このことが意味するのは、互いに価値観が近くなることです。

 

特に、河井克行は二つの「宿命中殺」存在します。

 

当然ながら、「宿命中殺」が多いほど消化するべきことも多くなってきます。

 

 

余談:「宿命中殺」鑑定を受けられた方々は、概ね二つのパターンに分かれます。

1・腑に落ちる人。これまでの自分の人生に妙に納得する人。

2・「どうして自分が?」という思いになり、多くの質問を寄せてくる人。

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

宿命中殺が存在するかどうかを鑑定

 

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

 

 

個人鑑定はこちら

パートナーを示す星について①

 

宿命からは誰しも「パートナーを示す星」が表れます。


「パートナーを示す星」がどのように表れているか、について取り上げます。



1・「パートナーを示す星」が多く存在している宿命


基本的に恋愛の機会としては、多くなると占います。


考えられることの一つとして、同時に複数の相手と関係を持つことです。


実際にそのような関係を持った場合、本人としては余り抵抗を感じません。




2・「パートナーを示す星」が二つ存在し、その状態に或る作用が表れている場合


同時に二人の異性の間で自分自身が揺れ動く→どちらを選べばいいのか非常に迷う


実際に片方のお相手を選んだとしても、後になってから選ばなかった相手に対しても想いを残すことになる


つまりは、いつまでも心残りを抱えていくようになると占います。




3・自分の両サイドに「パートナーを示す星」が二つ存在している場合


パートナーに対して、最初から求めるモノが多くなる。


ちょっとしたお願いも含めて、パートナーがキチンと聞き入れてくれることを強く望みます。


実際にパートナーが対応してくれない場合は、お願いした自分がいけないのではなく

聞いてくれないパートナーに非があると感じます。



4・「自分を示す星」と「パートナーを示す星」が最初から合致している場合


結婚願望としては、かなり強くなります。


相手とは、会いたい時に会えるような関係でいたいと思うこと

つまり、遠距離恋愛は続かないと占います。




他にもいくつかありますが、また機会があれば取り上げたいと思います。




※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
結婚運とも無関係でないと考えます



算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

鑑定の御案内

 

個人鑑定はこちら 

 

柴咲コウさん 現在天中殺 大半会アリ


柴咲コウさん 1981年8月5日生まれ

 

大半会を持つ宿命

「自分を示す星」と「社会を示す星」が大きく広がりを見せています。

これを「大半会」といいます。

(こちらは陰占での見方)


このことが意味するのは

自分のワクを遥かに越えて、大成果をもたらす可能性がある。

自分以上の自分に成れる力が備わっている宿命。ということです。


モノの考え方や捉え方においても、スケールが大きくなる傾向があります。

実際の生き方として「小さくまとまるな」というのが宿命からの姿です。


この大半会を持つ宿命の者は

普通一般的な仕事や生き方ですと、宿命は消化されません。

宿命からの姿と、実際の生き方のギャップが大きいほど

自分に掛かるストレスは大きくなります。


役者として鑑みた場合、大半会は演技にとってプラスです。

大半会には、変化という意味合いも含まれているためです。

星同士がまとまることで、別の星に変化します。

大半会で変化した星というのは

変化する前よりも強いパワーが備わるからです。

但し、大半会を活かす生き方をすること→

スケールの大きい生き方・考え方が条件となります。



 

実業家として活動

「自分を示す星」は、「財を示す星」となって表れています。

「財を示す星」の表れ方とその状態からは、起業を考えてもおかしくないと見ます。

(こちらは陽占の見方)


起業した2016年の大運からは(大運とは10年ごとに回る運気)

「財を示す星」が回っていること・星がまとまりを見せていること

更に、2016年の年運からは「未来を示す星」が回っていること。

これらのことが意味するのは

自分の将来のことを考えた時に、ここで財を増やしておこう

という考えに至ったと占います。


ウィキペディアからは

「衣食住」をコンセプトに

プレオーガニックコットンや、レトルト化学調味料不使用のレトルト食品ブランドなどを発売。

正に、算命学が考える「未来の星」→カラダ・健康に当てはまる事業だと思いました。

その年にどういった星が回ってくるかで、本人の意識の方向性を読み取ることが出来ます。

 

 


結婚運がよろしくない宿命

恋愛や結婚に多くの幸せを求めようとすると、むつかしさが出ます。

だからといって、恋愛や結婚で幸せになれないということではありません。

幸せを手にするためには、乗り越えなければならないハードルもセットになるということです。

(ハードルの数は、結婚運が良い宿命と比較した場合、どうしても多くなります)


「パートナーを示す星」は「守護神の星」ですから、結婚した方が運勢的には安定します。

 



現在の運気は「天中殺」

「子丑天中殺」・2020年2月節分から2年間が「天中殺」

今回の「天中殺」では、「仕事を示す星」が回っています。

「天中殺」であることが、全てにおいてよろしくないのではありません。

仕事で大きな成果を出せる可能性も秘めていると占います。

但し、「天中殺」で出した結果を、自分の実力と受け止めてしまうと

後になって足元を掬われることがあるので、要注意です。

今年の「天中殺」からは、電撃結婚の可能性も表れています。

この場合、結婚と仕事の両方は取れないと占います。

結婚生活を続けたいのなら、仕事からは一切手を引くことが条件となります。

 

 

今後の全体的な運気の流れから

今は38歳で、31歳から始まって10年間続く運気にいます。

(2020年6月現在)

次に回ってくる大運は、「大運天中殺」です。

41歳から始まって20年間続きます。

41歳から始まって10年間の大運では「パートナーを示す星」が回っており

「大運天中殺」の作用を受けることになります。

このことが意味するのは

・パートナーとの縁が薄くなること

・自分の運勢とパートナーの運勢が引っ張り合うこと→

自分の運勢の安定と、パートナーの運勢の安定の両方は取れないこと。

これらのことを回避したいのであれば、「大運天中殺」に入る前に結婚することです。

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


鑑定の御案内

個人鑑定はこちら 

 

水川あさみさん天将星 結婚運よろしくない

水川あさみさん 1983年7月24日生まれ


「天将星」が存在する宿命

「天将星」といって、最大のエネルギーを有する星が存在します。

夫である窪田正孝さんの宿命に、「天将星」は存在しません。

 

夫婦の相性としては、夫が「天将星」を持つ方が良しとします。

算命学では、「男を陽・女を陰」といった考え方があるからです。

 

このため夫の方が星の持つエネルギーが強く、妻の方が星の持つエネルギーが弱いことで

夫婦間の陰陽のバランスが取れます。

 

夫婦間で、どちらが陰の役割を持ち、どちらかが陽の役割を持つことを良しとするのです。

 

 

妻だけが「天将星」を持つことで、妻の方が陽となり、夫や陰となります。

このことが夫婦間の相性のむつかしさとなります。

 

ここをカバー出来るのは、互いの愛情しかありません。


妻が「天将星」を持つことで、主導権は妻が握る方が上手くいきます。

上手くいく秘訣を一つ挙げます。

 

夫が妻に対して、まともに向き合わないこと→適当にスルーすること。

最強のエネルギーを有する妻に、弱いエネルギーの夫が向かっていくのは大変だからです。

 

 

窪田正孝さんの星の持つエネルギーは、弱い宿命ですから

気の強さでは、到底水川あさみには敵わないと言えるでしょう。

 

このような夫婦関係が上手くいくコツの一つとして

妻に言いたいことを言わせておく・好きにさせておく。

(これ以外にも妻が「天将星」を持つ場合のコツなどがあります)

女が「天将星」を持つことについて 龍メイnote

 

そういう意味で「天将星」を持つ女性は、相手男性から深く愛されていないと

夫婦関係としては、かなりむつかしいところが出てくると占います。

 

 



たくさんの異性を示す星が


 男性を示す星は、全部で3つ。

数としては、多い方です。


星の状態からは、不安定さが表れているために

恋愛では、なかなか苦労されたのではないかと読み取れます。


宿命として見た場合、恋愛遍歴は多くない方が運勢としては望ましいです。


恋愛傾向としては

女らしさを前面に出すことは苦手

かなり気の強い面を出すと同時に、時に女の弱さを見せることに…

「この人のために尽くしたい」と思うと、どこまでも尽くす

(天将星を持つことから、とことん尽くすと占います)





結婚運がよろしくない宿命


結婚運が難があっても、結婚は出来ます。

要は、結婚生活を続けていかれるかどうか。


結婚運がよろしくないことは、自分だけの問題ではなくなります。

夫である窪田正孝さんもこの作用を受けることに…


結婚運が良い宿命との違いは

最初から乗り越えるべきハードルの数の違い。


結婚運がよろしくないことを如何に消化出来るか。


結婚運が良い人を羨ましく思っても、そこに解決策はありません。





次に始まる全体的な運気が大きな節目となっていること


次の全体的な運気=45歳から始まって10年間続きます。

(2020年6月現在36歳)


この運気からは、かなり大きな節目となっています。


これを「二度運」といいます。


まるで二度の人生を歩むような大きな変化が起こる可能性を示唆します。


例えば、仕事や結婚で大きな転換期になるといったことです。



窪田正孝さんの全体的な運気の流れからも、全く同様のことが表れています。


窪田正孝さんの場合は、42歳から始まって10年間続く運気に表れています。

(2020年6月現在31歳)


この二人の共通点が、大きな転換期を呼ぶのではないかと占います。



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

窪田正孝さん 宿命中殺アリ


窪田正孝さん 1988年8月6日生まれ


「宿命中殺」が存在する宿命


「宿命中殺」とは、表れている星の持つ本来の質に

異常性が加わることを意味します。


算命学が考える異常性とは、類いまれな才能を発揮することも含まれます。


「宿命中殺」が存在する場合

どの星に作用が表れているのかを見ることが重要です。

(尚、異常性以外にも「宿命中殺」が及ぼす作用あり)

 


窪田さんの「宿命中殺」は、「仕事を示す星」に表れています。


このことが意味するのは

仕事に異常性=特殊な能力の発揮が可能であること。

(但し、このような能力を発揮するためには、本人が宿命中殺であることを活かしてきているかがポイント)


役そのものが、特殊な能力や才能を発揮する人物を演じること。


言うなれば、非常に個性的な役の方が合っています。


この点で、今のNHKドラマ エールの古山裕一役は、打ってつけだと思います。





カリスマ性を持つ宿命

☆「自分を示す星」が他に表れている星と合致して変化し、全く別の星になっています。


このことがカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。


更に、デビューした当時 2006年の運気も合わせて見ると


☆で申した「自分を示す星」が一度変化した後、更にまた別の星に変化していることからは

より強いカリスマ性の発揮に繋がっていきます。





どこか、掴みどころのない雰囲気を持つ星


「自分を示す星」と同じ質を持つ星が、全部で4つ表れています。

(自分を示す星は「攻撃本能の星」で、陰陽も含めて4つ存在)


「自分を示す星」を、主星といいます。


自分の中心となる星であり、図(算命学人体図)で示すと中心に座します。


この主星と同じ「攻撃本能の星」が中心以外の他の場所、3か所に表れています。


このことが意味するのは

主星があちこちに点在すること、つまり他者から見た場合に掴みどころのない人。


相手や状況によって、主星を使った質を出すか

それとも他に座している主星以外の星の質を出すか

(主星と同じ質を持つ星だからこそ出来る)


しかしながら、宿命からの姿として最も望ましいのは、主星を発揮することです。





子どもとの縁が薄い宿命


これは「宿命中殺」の作用からきています。


子ども運が犠牲になることで、自分の運勢が保たれるところがあります。


実際に子どもが生まれないということではありませんが

生まれないことで子ども運が犠牲になるという捉え方をします。

(このこと以外にも子ども運が犠牲になる現象があります)

 




全体的な運気の流れから


今は31歳から始まって10年間続く運気にいます。

(2020年6月現在32歳)


安定を嫌う運気です。


不安定な状況下での方が、能力を発揮出来ること


自分の気持ちとしても、常に動きや波があると占います。


仕事でも結婚生活でも、常に不安定的要素があることで、むしろ心が満たされる

といった感じになります。


言い換えると

安定が続くと物足りなさや、自ら安定を壊すような衝動に駆られることも。


全体的な運気は10年間続き、この運気を「大運」といいます。


今の大運からは(31歳から始まって10年間続く)


「天将星」が回っています。


もともと宿命に「天将星」は存在しませんが、このように後から回ってくる運気で

「天将星」が回ります。(年ごとや月ごとの運気では、誰しも必ず回ってくる)


「天将星」とは、最大のエネルギーを有する星です。


特に、現実面における苦労を乗り越えていく力を備えています。

(実際に「天将星」を活かすかどうかは、本人によるところ)


妻である水川あさみさんは、もともと「天将星」を持っている宿命ですから


妻の持つ「天将星」に対応出来る運気にいると見ます。

(天将星を持たない宿命の者が、天将星を持つ宿命の者に対応するのは大変なこと)


窪田さんとしては「天将星」の女性に多少慣れているのでは?と思うところです


エール相手役 二階堂ふみさんも「天将星」を持つ宿命です。


自分の妻の持つ「天将星」が、他者の「天将星」を呼ぶ、といったことは珍しくありません。




次に始まる全体的な運気が大きな節目となっていること


次の全体的な運気=42歳から始まって10年間続きます。


この運気からは、かなり大きな節目となっています。


これを「二度運」といいます。


まるで二度の人生を歩むような大きな変化が起こる可能性を示唆します。


例えば、仕事や結婚で大きな転換期になるといったことです。





※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内


個人鑑定はこちら