相手の結婚運が自分にも作用するとは


その相手と結婚することで、相手の結婚運が自分に作用をもたらします。


自分の結婚運に難がなくても、相手の結婚運に難がある場合


結婚における苦労は、より多くなると占います。


自分の宿命として持っているモノが、相手にも作用することは


算命学の基本的な捉え方です。



更に、相手が結婚運としてよろしくないことを消化していない場合


未消化なモノが自分にスライドしてくることもあります。





結婚運の良し悪しについて


結婚運が良い宿命と、よろしくない宿命との違いは


結婚運がよろしくない宿命の者は、結婚運が良い宿命の者よりも

最初から越えるべきハードルが多い、ということです。


苦労は少ない方がいいと思われるかもしれませんが


宿命からの姿ですので、致し方ないところです。


切り立った崖に咲く花は

そこが咲くべき場所であり、おうちのプランターではない。

そのように捉えます。




実際の鑑定で、結婚運がよろしくないことを伝えると


ネガティブな感情を見せる人と、どこか腑に落ちる人に分かれます。


特に、「年運天中殺」や「大運天中殺」といった不安定な運気にいる者は

受け入れがたい反応を示されることが多いです。


占者としては、依頼者様の運勢を慮ると非常に残念なケースです。




今回のテーマである「相手の結婚運が作用すること」


相手に惚れてしまったら、結婚運に難があっても結婚するかもしれません。


この人、と決めるのは自分の想いだからです。


占術をもってしても、情や想いには敵いません。




結婚運の難に立ち向かう力が強いのは


・不安定に強い宿命の者


・エネルギーの強い宿命の者


・異常性を持つ宿命の者など


これらの宿命の者が、踏ん張りがきくと占います。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 

 


個人鑑定はこちら