自らに決着をつけようとする宿命


最終的に

自分の寿命を自身で決めようとする宿命の者がいます。

宿命からどういった星が、どのように表れているかという

「算命学 人体図」から読み取ることが出来ます。


窮地に立たされた場合、行き着く答えは二つのみ

「このまま生きるか、否か」


言い換えると、それ以外の選択肢は持てないこと。

こういった宿命が良い・よろしくないのではなく

あくまでも宿命からの特徴となります。


鑑定の御案内



また、もともと上記の宿命ではなくても

後から回ってくる運気→年運といって、年ごとに回る運気や

大運といって、10年ごとに回る運気において

当てはまる場合もあります。




森友問題で自殺した近畿財務局の男性職員 赤木俊夫さんの一件で

取り上げようと思いました。

残された手記には「真実を書き記しておく必要があると考えた」

との書き出しで始まっているとのこと。

算命学が考える寿命とは、後世に伝え残すことでもあります。

自らの命と引き換えに、事実を伝えようとしたこと。

私個人としては、世の中に確と伝わるべきことと思っています。



赤木俊夫さんがこのような宿命であるかは解かりません。

ただ、こういう生き方になる宿命を持つ者がいるという

捉え方が算命学にはあります。

この手記が発表された日 3月18日は

安倍氏と佐川氏の「天中殺日」

森友学園問題が発覚したのも「天中殺」年であること。

これらも無関係でないと捉えます。




こちらの見方・占術につきましては、個人鑑定にて承ります。

☆ 人体図の基本的な見方が分かる方

☆ 多少、人体図の見方が分かるが習得したいという方

教示させて頂きます。

(実在した人物の宿命も合わせてお伝えします)


下記のフォーマットからお知らせください。