純の宿命と濁の宿命

 

宿命は次の二つに分かれます。


安定した状況に強さを発揮出来る宿命

これを「純の性質を持つ宿命」といいます。



不安定な状況に強さを発揮出来る宿命

これを「濁の性質を持つ宿命」といいます。



「純の宿命」を喩えると、透明な液体のようなモノ。

他の色に染まりやすい質を持ちます。


「濁の宿命」は、最初から濁っている液体のようなモノ。

他の色に染まりにくい質を持ちます。


他者の言うことを信じやすいのは、純の宿命。

他者の言うことに疑いから入るのは、濁の宿命。



どちらの宿命が優れている、ということではなく

自分や相手の持つ宿命のタイプを知っておくこと。



純の宿命と濁の宿命とでは

行動面にも違いが生じてきます。


違いを知ることが、互いの関係で役立つことに。

純と濁の違いは、相性ではよろしくない点としてカウントされます。






運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です