インフルエンザと算命学


インフルエンザのような流行性疾患に罹った場合


家族の中で同じ「天中殺」の者がいる場合や 


自分に近い相手が同じ「天中殺」である場合は、要注意です。


理由は「天中殺」が同じ者は、連鎖反応を起こしやすいため


自分が罹ると、相手も罹る。


相手が罹ると、自分も罹る。


例:二人の子どもが同じ「天中殺」である場合や

親子で同じ「天中殺」である場合は


インフルエンザのシーズンは別々の寝室で寝るようにする。


そういった対処法で回避出来ることもあります。





同じ「天中殺」の者同士の運勢は


自分の運勢が上がると、つられて相方も上がる。


相方の運勢が上がると、つられて自分も上がる。


この反対も然りで 


自分の運勢が下がると、つられて相方の運勢も下がる。


相方の運勢が下がると、つられて自分も下がる。





「天中殺」が同じ者同士は、良い時は勢いが増しますが 


困った時は、互いが助けにならない組み合わせです。


早々に第三者の力を借りるという選択肢もアリかと。


事が大きくならないためにも…

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

龍メイnote

鑑定の御案内



個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です