松下洸平さん 強いカリスマ性を発揮出来る


松下 洸平さん 1987年3月6日生まれ


「天将星」を持つ宿命であること


ウィキペディアからは、何度もオーディションに落ち続けていたとのこと。


それでも成りたいモノを諦めない粘り強さは


宿命から表れている「天将星」の存在かと。


「天将星」を持つことで


自分が一番になりたいという思いが強くなります。



「天将星」が二つ存在することからは


この星の持つ質を、より一層消化することが求められます。


更に「天禄星」という星も存在することからは


星の持つエネルギーとしては、最身強の宿命となります。


苦労の積み重ねによって、はじめて開花される宿命です。





全体的な運気の流れについて

11歳から20年間続く運気は「大運天中殺」でした。

(2019年12月現在32歳)


2018年の誕生日に「大運天中殺」は明けています。


当時の「大運天中殺」では、仕事や名誉の星が回っていました。


特に仕事に関しては、「大運天中殺」の間


どういったスタンスで仕事に取り組んでいたかということが


次回、初めて回る「天中殺」になると、顕著に現れます。


次の「天中殺」は来年再来年→「子丑天中殺」です。


次の「天中殺」でも、仕事や名誉の星が回ってきます。




少し前からNHKの連ドラに出演するようになって


注目度が上がってきていることと、今の運気の状態を鑑みると


来年再来年の「天中殺」では


今以上に人気が上がるのではないかと予想します。




今の「大運」といって、10年間続く運気からは


強烈なカリスマ性を発揮しやすいことが表れています。


(31歳から始まって10年間続く運気)


「自分を示す星」が二度も変化しており、別の星になっています。


このことが強いカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。


★ 前回の井上真樹夫さんが活動開始した時の運気と同じパターン。



~占術的な説明~

31歳からの「大運」の運気

・大運  己亥 

・年干支 丁卯

・月干支 癸卯

・日干支 甲寅


★日干 甲は、大運 己と干合して、戊と己に変化→これが一度目の変化。

★一度目の変化で戊となっている日干は、今度は月干の癸と干合して、丙に変化する→これが二度目の変化。


日干とは、自分を示す星ですが


いくらカリスマ性を発揮しやすい運気が回ってくるからといって


必ずしもカリスマ性を発揮出来るとは限りません。


本人の努力が必要になってきます。


言い換えると、努力によって強いカリスマ性を発揮出来る可能性が高い


そういった運気の作用がベースにあると見ます。


強いカリスマ性を発揮している場合


役者としては、その役に入りやすくなります。


このため評価も上がります。




但し、気をつけるべきことも出てきます。


カリスマ性とは、「実気」でなく「虚気」だからです。


つまり、自分本来の姿ではないこと。


自分以外の者に変身している姿であること。


このことを留めているか否かで


次の「大運」である41歳からの運気に入ってから


自分自身への見方・向き合い方が大きく違ってきます。


「虚気」の作用を受けることで最も怖いのは


自分自身が大きな勘違いモードになること。


自分に対して


周囲も、そして自身も過大評価をすることです。


変身していない自分→素のままの自分というのを


日頃からかなり意識して捉えることが望ましいです。


鑑定の御案内



☆おまけ☆

今の「大運」では、結婚の可能性も大。

電撃的な結婚もアリな運気。

秘密主義なところアリ。

「天中殺」になってから(月運では既に天中殺)

今まで明かさなかったことが露呈することも…



 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄


堀ちえみさんの運勢

ロバミミ電話占い

宿命鑑定 ベイス  

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定

 

個人鑑定はこちら