イモトアヤコさん結婚運よろしくありません

イモトアヤコさん 1986年1月12日生


宿命中殺であること


「宿命中殺」が存在し、「夫を示す星」がこの作用を受けています。


これを「配偶者中殺」の宿命といいます。


「配偶者の星」が中殺されるとは


自分から見た場合に、夫との縁が薄くなることを意味し


夫との関係がチグハグな状態になると捉えます。



具体例

・普段から夫に自分の気持ちが通じにくい

・肝心な時ほど夫を頼れない、夫があてにならない などです。


このためにイモトさんとしては


自分から夫との関係を上手くやろうとするほどに


結果として上手くいかなくなる、といったことが起こってきます。


自分が「配偶者中殺」であることを知らないでいると


夫との関係が上手くいかなくなると


上手くいくようにと、努力したり頑張ったりします。


しかしながら、このことが結果として


より夫との関係を悪化させることになるのです。



「配偶者中殺」を消化するためには


夫とは、或る程度セパレートした関係でいることです。


更に、同じ目的は持たないことです。


「配偶者中殺」の宿命に適している結婚とは



一例として

本命でない相手との結婚です。

(他にも例があります)





イモトアヤコさんの先の運気から見えてくるモノ


来年と再来年は「天中殺」です。(子丑天中殺)


月ごとの「天中殺」は、毎年決まって1月と12月です。


「子丑天中殺」に関しては、来年2月節分になる前から


既に今年の12月から「天中殺」に入ると見ます。


婚姻届け提出は11月24日の生放送後、と書かれており


この日は乙丑日で「天中殺日」です。


実際は12月に入っていませんが


番組での発表日や婚姻届け出日からは


ほぼ「天中殺」での結婚と見ます。


「天中殺」の作用を受けていると


自然と流れに「天中殺」が絡んできます。


このことを予見するように


来年と再来年の「天中殺」では「夫を示す星」が回っています。


結婚後、すぐに夫が「天中殺」の状態になること



自分も宿命として「夫中殺」を持つこと


苦労なくしては語れない結婚生活になるのではと占います。





子どもへの思い入れが強い宿命だが


宿命からは「子どもを示す星」が表れています。


星の表れ方からは、思い入れが強くなると捉えます。


しかし、「子どもの星」も宿命中殺の作用を受けているため


「子ども中殺」→子どもとの縁が薄くなります。


子どもへの思いは強いが、子どもとの縁が薄くなる・・・


ここに心の葛藤が生じます。


このことと自分自身がどう向き合っていくのかも

大きな試練と思います。

 


子ども中殺であることの一例として


子育ての苦労は、人の何倍にもなる宿命です。


このことがよろしくないのではなく


このことも消化していくことが求められます。

(本人が受け止めきれるかどうかは別ですが)





なぜ「天中殺」が絡む時期に結婚することになったのか


理由の一つは


自分の宿命の未消化です。



★ 占術に関する質問はお受けしておりません。


相性鑑定  https://coconala.com/services/500796

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei



★ ハッキリした物言いの鑑定を御希望の方は、個人鑑定をお勧めします。

(占いサイトでの鑑定は、サイトの規約があるため若干マイルドな表現となります)



個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です