守護神について


宿命からは「守護神」の存在が分かります。



「守護神」とは、自分の宿命にとって有難いモノです。



(例)

① 「習得本能の星」が守護神にあたる宿命の者は

学習・習得・探究することが、自分の運勢にとってプラスになります。


② 「伝達本能の星」が守護神にあたる宿命の者は

人や世の中に何かを伝えることが、自分の運勢にとってプラスになります。



守護神にあたるモノをしっかりと消化しないことは

自分で自分の運勢の足を引っ張ることと同じです。


また、節約や倹約といって

「守護神」にあたるモノに労力・時間・お金を使わないことも然りです。

 



次に「守護神」を人物に喩えると


(例)

母親が「守護神」にあたる宿命の者は

子どもの頃から母親との接点→良好な関係が必要になります。


このため早くに母親を失くすことは、守護神が作用しないと捉えます。





「守護神」の中でも

特に重要な「守護神」である人物と良好な関係が築けていない場合


本人が自分の宿命そのものを活かすことが困難になると考えます。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


守護神鑑定「守護神」を活かす方法・守護神にあたる人物をお知らせします。

個人鑑定 2000円(下記のフォーマットから申し込みください)

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら