算命学 実例鑑定 宿命にDNAが存在すること



既婚男性 Iさん(当時46歳)


宿命からは「天将星」といって

最大のエネルギーを有する星が存在します。


宿命にもともと備わっているエネルギーの量が多い・強いことを意味します。


「天将星」は、消化することが困難な星です。


理由は、現実面での苦労をすることで、エネルギーが燃焼されるからです。


言い換えると、現実面での苦労が足りないと、エネルギーは燃焼されず


むしろ不完全燃焼を起こし、このことが本人にとって生き辛さとなってきます。


幼少期・子供時代まで遡って、親から過保護にされなかったかどうかも


「天将星」にとっては、一生涯に関わるほどの大きなポイントとなってきます。




Iさんは結婚後、20年近く経ってからお子さんが生まれました。


お子さんの宿命にも「天将星」が存在しています。


このことが今回のテーマ【宿命にもDNAが存在すること】になります。




特に「天将星」の場合


親に「天将星」が存在し、子どもにも「天将星」が存在することは


親自身の「天将星」の消化が足りないところがあるために


「天将星」が子どもの宿命にも表れてきたと考えます。


このように親から受け継ぐ形での「天将星」というのは

「天将星」の意味合いが強くなると捉えます。

より一層、「天将星」の消化に苦労を強いられるということです。


鑑定の御案内


更に、お子さんの宿命からは


「自分を示す星」と「親を示す星」が正反対の星となっています。



これは自分と親とは正反対の質を持つことと


親の生き方を改革するために生まれたきた、という意味があります。




これらのことからお子さんの宿命は(お子さんから見た場合に)


親からの「天将星」を受け継いでいること。


自分と親は相容れないモノを持つ親子関係であること。


このような見方になります。


このことだけでも親から見た場合

子育てにおいて、相当な苦労を伴うと占います。





親が「天将星」を持つことで

背負うべき苦労の消化が足りなかったことが


自分の子どもの宿命へ流れていき


更に、子どもの宿命に「正反対の質を持つ星」が存在する。


このことが子育てにおける苦労を二倍三倍にさせると占います。




親自身が40代後半であり、初めての子どもであることが


子どもに対して過保護になる可能性を高めること


親の過保護な育て方が

子ども自身の宿命の消化を阻む要因となります。





「天将星」を持つ子どもは、往々にしてとても自我が強いです。

またワガママに育てられると

どこまでもワガママになっていく傾向が強いのも「天将星」です。




親から見て自分とは質が違う子どもだと感じていても

ずっと子どもが欲しくて、高齢出産プラス過保護に育てている場合

その違いすら、とてもカワイイと感じるのでは…


子育ては、履き違えると

後になって、修正がきかないほどの事態を招くことがあります。




 

自分の宿命の持つ未消化なところは、「天将星」に限らず


DNAとなって子どもの宿命に存在することがあります。


「自分の生き方は自分だけの問題ではなくなる」


算命学の基本的な考え方の一つです。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内



個人鑑定はこちら