三木谷浩史氏 戌亥天中殺 大運天中殺で大成功


三木谷浩史氏 1965年3月11日生 戌亥天中殺 


1995年 11月 乙亥年 30歳

「天中殺」クリムゾングループを設立(楽天の前身)

(11月は月の運気でも天中殺)


1997年から20年間「大運天中殺」→32歳の誕生日から52歳の誕生日まで 


2019年 現在54歳


2006年 丙戌年「天中殺」

     3月 楽天ブックス会長

     4月  株式会社クリムゾンフットボールクラブ代表取締役会長

     9月 楽天証券ホールディングス株式会社 会長





「天中殺」「大運天中殺」で異常性が発揮された

「天中殺」や「大運天中殺」とは不安定な運気です。

しかし、自分自身の枠を超えて伸びることも可能な運気です。



三木谷氏の場合


時代のニーズに上手く乗ることで「大運天中殺」のミラクル的な力を得て


20年間と長く続く「大運天中殺」で大成功を納めたと捉えます。





三木谷氏の宿命から表れているビジネスについて


他者と争う形でビジネスを展開させていくことが得意な宿命です。


これを「争財」の宿命といいます。


他者が所有しているモノに魅力を感じるところがあります。


正に買収によって、その力を発揮出来る宿命です。




宿命には「天将星」(最大のエネルギーを有する星)が存在することから


粘り強く、しつこいくらいに自分自身が納得いくまで結果を出していくと思います。


「天将星」を持つことで、自分自身をどこか偉いと感じるところが出てきます。


これが高じると、強いワンマン振りを発揮することに。



「自分を示す星」が他の星と合わり、別の星に変化しています。


自分を変化させることが容易、と捉えます。


このことが相手や状況の変化に素早く対応出来る能力として


発揮することが可能な宿命です。


同時にカリスマ性を発揮出来る宿命でもあります。


但し、カリスマ性を発揮するためには相当の努力が必要になりますが。





運気の流れからは、大きな変化時期を迎えている


【大運天中殺で出した成果は、大運天中殺が終わったら元の状態に戻すべき】


これは「算命学」の原則です。


元の状態に戻っていない場合は、何らかの形で元の状態に戻ると予想します。


しかしながら、既に「大運天中殺」は52歳で明けています。(2017年3月11日で52歳)


ただ、2018年と2019年は「天中殺」であることから、「大運天中殺」は明けていても「天中殺」の持つ異常性が引き続き作用していると見ます。


元の状態に戻るとは、「大運天中殺」で手にしたモノをお返しするということです。



52歳から始まる大運からは、人生の大きな節目となることが表れています。

(52歳から10年間続く運気をさします)


この節目からは、これまでの人生と異なる生き方が求められるます。


重要なのは、そのことを受け入れていくことです。


言い換えると、これまでの人生と違う人生を歩むことを恐れるな。ということです。


「大運天中殺」の終わりと同時に、この節目の運気を迎えることは

かなり大きな変化時期と捉えます。


変化させることが出来なかった場合、運勢は大きく失速すると見ます。

 

来年2020年は三木谷氏にとって「守護神の星」が回ってきます。


「守護神」が回ることで、本来の自分の宿命からの姿に戻す力が働きます。


これ以上続けない方がいいことに対しては、強いストップが掛かります。


見た目には順調に映っていても

それが自分の宿命からの姿と同じとは限りません。




運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です