堀ちえみさんの運勢【初旬 大運天中殺・天中殺グセ】


堀ちえみさん(1967年2月15日生)

「宿命中殺」(しゅくめいちゅうさつ)という宿命


「宿命中殺」とは、宿命から表われている星がもともと不安定な状態となっています。


「宿命中殺」には種類があり、堀ちえみさんは「生月中殺」(せいげつちゅうさつ)です。


「生月中殺」の特徴は、「自分の未来を示す星」が不安定な状態となります。


「未来を示す星」とは、自分の将来的なこと→自分の健康や寿命を示す星です。


特に、病気に罹った際の特徴としては、自覚症状とは別の病気である傾向があります。


健康や寿命を示す星が不安定→異常性を持つことになるためです。


本人としては口内炎と思い、治療を続けていたところ、舌ガンのステージ4だった。


ここでの異常性とは、病気がなかなか見つからない・病気の進行がとても速いということもあてはまります。


だからといって堀ちえみさんと同じ生年月日の者が、同じ生月中殺の者が


同じように病気に罹るということではありません。



堀ちえみさんのこれまでを鑑定(ウィキペディア参照)

(堀ちえみさん 寅卯天中殺の宿命→寅年と卯年が天中殺)


★ 1987年3月 20歳の誕生日を迎えた直後に電撃的に一時引退。


当時の運気は「天中殺」で、「仕事を示す星」が回っています。


「天中殺」という不安定な運気で、自分の意思で物事を終わりにすることは、よろしくありません。


「電撃的に」ということから、突発的に勢いで決断されたと思われます。


「天中殺」の運気からは、大いにあり得ることです。



★ 1999年に離婚。


当時の運気も「天中殺」で、自分から離婚をすることは望ましくない運気です。


更に、「天中殺」の作用が「自分の未来を示す星」にも、やや及ぶことが表れています。



★ 2010年6月 2度目の離婚。

当時の運気も「天中殺」です。

更に「天中殺」の作用が「自分の未来を示す星」にも、やや及ぶことが表れています。



★ 2019年2月 舌ガンと診断される。


2月は月ごとの運気で「天中殺」です。


「天中殺」の運気での引退や離婚が、自分の運勢にダメージを与えると「算命学」では考えます。



★ 手術は2月22日予定とのことですが、この日も日ごとの運気で「天中殺」。


「天中殺」での身の処し方は、自分の運勢にとって重要です。

運勢は一旦下降を始めると、止めることがむつかしくなります。



★ 2022年2月節分ら2024年2月節分前までは「天中殺」。


この2年間の「天中殺」では、「自分の未来を示す星」→健康や寿命を示す星が回ってきます。


大病の後、3年後にこういった運気が回ってくることは、ハッキリ申してかなり厳しいところです。



最初に回ってくる運気の状態について

全体的な運気の流れから、最初に回ってくる10年間の運気が「大運天中殺」となっています。


「大運天中殺」とは、不安定な運気です。


最初に回ってくる運気というのは、これからの人生の土台となります。


「大運天中殺」が最初に回ってくることからは、人生総じて受け身でいることが求められます。


芸能人を長く続けていく上で、受け身や流れに任せるといった姿勢でいることは、現実的に不可能だったと思われます。


離婚再婚を繰り返してきたことからも、自分から求めるモノは多かったのではないでしょうか。


7人というお子さんがいることからも、そのことが伺えるところです。



人生として見た場合に、たとえ成功をしていても、自分の宿命が求めていないことを求め続けていくことで


人生はストップします。その最大たるものが寿命です。


7歳から始まって10年間続く「大運天中殺」では

「自分の未来を示す星」→「健康や寿命を示す星」が回っていました。


デビューは14歳。「大運天中殺」です。


「大運天中殺」で始めたことは、続けていかない方が運勢にとっては望ましいです。


「大運天中殺」で始めたことは、上手くいくか失敗するかのどちらかになりやすいです。


結果として、芸能人として人気を保ち続けていることからは、そのことについては成功したと見ます。


しかしながら、「大運天中殺」が人生の土台となってしまったことで、健康面で問題を抱えていくことになりました。


自分の健康運と引き換えに、他の運勢を保ち続けていったと捉えます。






堀ちえみさんの宿命から表れている「子どもの星」が示していることが、本人の運勢にとって重要にであることを鑑定しました。

こちらにつきましては、プライベートモードとなります。

興味がございましたら、以下宛にメールを頂ければと存じます。

 ryu-mei@kje.biglobe.ne.jp



「大運天中殺」が回ってくるかどうかを鑑定します。

https://coconala.com/services/729026

ベイス https://ryumeisanmei.thebase.in

池江璃花子さんの父親の宿命


池江璃花子さんの父親 池江俊博さん(1965年12月12日生)

父と子の宿命から表れていること

父親の宿命から表れている星と、池江璃花子さんの宿命から表れている星からは、お互いにぶつかり合っている星が存在します。

この星の関係性からは、池江璃花子さんの方が運勢的なダメージを受けると捉えます。


親の宿命の作用が子どもの運勢にも影響を及ぼす

父親の宿命から表れている「子どもを示す星」は、子どもの運勢にとって望ましくない状態となっています。

(こちらの占術的な見方は、今回省きます。)

つまり、生まれてくる子どもの運勢にダメージを与える可能性が高くなり

このことが子どもに先天的もしくは、後天的に問題が生じることになると捉えます。


親から見て子どもが生まれた時の運気が重要

父親から見て池江璃花子さんが生まれた時の運気は「天中殺」です。

父親 辰巳天中殺 池江璃花子さん 2000年辰年生まれ

(「天中殺」とは、不安定な運気です。)

このことが意味するのは、父親本人の運勢の犠牲となる可能性が高いのが、この年に生まれた子どもと捉えます。


父親から見た2019年の運気

子どもの病気が発症した要因が、親の運気に表れていることがあります。

父親から見た場合に、2019年に回っている星は「妻を示す星」と「子どもを示す星」にダメージを与えていることが表れています。

同じ生年月日は、同じ宿命を持つことになります。

しかしながら、運勢は同じにはなりません。

自分を取り巻く人間関係が異なることと、歩んできた道が異なるからです。

自分の運勢の足を、相手に強く引っ張られることがある。

それが自分の家族、ということも充分にあり得ます。

家族はお互いが離れていても、運勢の糸は繋がったまま生きていくことになるのです。

シビアな見方ですが、「算命学」ではこういった鑑定となります。

有料ブロマガ 『結婚相手を選ぶ際に→自分で見極めるべきこと』 

結婚相手を選ぶ際に、御自身で判断した方がいいこと・判断出来ることを記載しています。

http://ryu7733.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei

池江璃花子選手【天将星・今後の運気】

池江璃花子選手(2000年7月4日生)

人生の目的の星


宿命からは「人生の目的を示す星」が表れています。


この星が二つ・二か所に表れています。


このために、人生の目的を一つに絞り込まない方がいい→敢えて「人生の目的を二つとすることが宿命からの姿」と捉えます。



病気が見つかった時の運気

病気を自覚されたのが、1月とのこと。


1月と12月は、月ごとの運気で「天中殺」です。

(子丑天中殺→毎年決まって1月と12月は「月運天中殺」)


「月運天中殺」とは、不安定な運気を意味します。


今回の「月運天中殺」では、「未来の星」が回っています。


「未来の星」とは、自分にとっての将来→健康・寿命といった意味合いもあります。


健康を示す星が「天中殺」となる運気で病気を発症したことは、病気そのものが読めないところがあること


治療については、慎重かつ充分な時間を掛けていくことが望ましいという見方になります。




「天将星」の宿命


宿命からは、「天将星」が表れています。


「天将星」とは、最も強いエネルギーを有する星です。


この星の大きな特徴は、自分自身が心から納得出来ないことには
本当の意味で前に進めないといった質を持つことです。


「天将星」であることによって、悔しい思いも半端ないモノになっているのではないかと、想像に難くありません。


病気に対しても「天将星」は、粘り強く立ち向かおうとします。


この気概が、場合によっては回復を遅らせることにもなりかねない・・・


「天将星」の宿命であることと、「月運天中殺」での発症が、後に見切り発車のような形にならないことを願うばかりです。




今後の運気について


オリンピックを見据えた場合に、2020年2月から始まって2年間は「天中殺」です。


「天中殺」の運気での物事の再開は、しない方が無難です。


仮に「天中殺」で復帰した場合、見事な復活劇となる可能性も大いにあり得ます。


しかしながら、天中殺=ミラクルな運気であることから、この借りを返さなければならなくなるのです。


繰り返しになりますが、「月運天中殺」での発症で、翌年は2年間の「天中殺」が回ってくる。


このことだけでも、絶対に無理はダメ。という、宿命からのお知らせサインです。




全体的な運気の流れ


全体的な運気の流れからは、今は10歳から始まって10年間続く運気にいます。


この運気からは、「祖母を示す星」が回っています。


このことが意味するのは、特に祖母からの影響を強く受けやすいこと→祖母が生きていく上で教示してくれることがあると捉えます。



池江璃花子選手のおばあさまが

「水泳なんてどうでもいい。長く生きてもらいたい。」と言われていました。


この言葉には、「算命学」からの観点としては、とても深い意味を持っていると感じます。



特に、年齢的に若くしてこういった病気になることは

本人の持つ宿命だけでは語れないところがあります。





有料ブロマガ 『結婚相手を選ぶ際に→自分で見極めるべきこと』 

(鑑定を受けなくても結婚相手を選ぶ際、御自身で判断した方がいいこと・御自身で判断出来ることを記載しています。)

http://ryu7733.blog.fc2.com/blog-entry-3.html


NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/


NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/


ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei


算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが運勢アップに繋がります。

ガン予防で20年以上服用しています。
【送料無料】千坂式 樹木の精プロポリス・液体(30ml)【食健】価格:9,342円
(2019/2/20 12:09時点)
感想(0件)