小室圭さん 宿命が抱えるむつかしさ


小室圭さん 1991年10月5日生うまれ


性格面の特徴


とても繊細で細やかな面が伺えます。


物事を美化して捉える傾向があるのですが

同時に反抗心や反発心という感情も抱くことになります。


こういった複雑とも言える感情が、自身の心の葛藤となることや

常に孤独を感じる人になると捉えます。


相手に対する思いがネガティブな感情となった場合は

その思いはかなり深くなること、薄れることがないまま時間が過ぎていくと見ます。





宿命にむつかしさがあるとは

消化していくことが困難と思える星が多く存在するからです。


特に、華やか・きらびやかといった世界に身を置いて生きていくことは

宿命として見た場合、むつかしいところが生じてくると見ます。


目指している弁護士がこれにあてはまります。


もしも眞子様と結婚となった場合

皇室との関係に問題が生じることもあてはまります。


鑑定の御案内



母親の財を示す星から表れていること

小室圭さんの宿命から見た「母親の財を示す星」に

上記した宿命にむつかしさを与えていることが表れています。


母親の金銭的なことに自分は無関係でいられなくなると同時に

問題となって自分にも降りかかってくることと

状況はややこしくなる→解決には時間と労力が求められると見ます。



仮に今回のことがクリア出来たとしても

今後も母親の金銭問題は避けられないと予想します。


小室圭さんは、母親との縁が深い宿命だからです。


更に、母親を示す星と財の星がセットとなって表れているからです。

 




眞子様は去年と今年が「天中殺」という不安定な運気なのですが

去年の「天中殺」では、「パートナーの母親」を示す星が回っています。

(去年の天中殺は、2018年2月節分から始まって2019年2月節分前まで

今年の天中殺→2019年2月節分から2020年2月節分前までも、やや当てはまる)


このことが意味するのは、小室圭さんの母親に関することで

眞子様が予想以上の大きな影響を受けてもおかしくない、ということです。



★眞子様の今の運気の状態が、今回の騒動を大きく展開させたといってもいいです。

運気の流れとは不思議なモノで、引き寄せる力を持ちます。

そのことが良い意味であっても、そうでない意味てあっても…

今の自分が引き寄せているモノを知るのが、「算命学」です。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

 

算命学・宿命からの姿を鑑定・プレミアム版となります 持って生まれた宿命を活かすことが運勢アップに繋がります。




個人鑑定はこちら 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です