藤本理稀ちゃん保護される

 

藤本理稀ちゃん保護

このニュースを見て、「運の強い子ども」と思いました。

専門家からは、「奇跡的に好条件が重なったのではないか」と。

2歳になったばかりの子どもが、自分で水を飲めたのかと言われていましたが

このお子さんには、生きていくための知恵も備わっていたからではないかと思います。

 

「運の強い宿命」というのが存在します。

宿命として見た場合に、強運であるということです。

生死に関わるような状況において、生き残る強さを発揮しやすい宿命です。

 

ただ、強運でない宿命でも生き残る強さを発揮する場合があります。

それは、運を使うことで生き残るということです。

自分の宿命の持つ運を使うのか、もしくは身内の者である誰かの運を使うのか。

 

「算命学」では、運は有限と考えます。

運を有限とした場合の例として。

4人家族、その家族の運の総量をペットボトル1本分・2リットルとみなします。

家族の一人が1リットル分の運を使った場合、残りは半分の1リットル。

1リットル分の運を、家族3人で分け合うことになると考えます。

運に関しては、このような捉え方をします。

 

 

暦ではお盆。

私には藤本理稀ちゃんという子どもを、この世に生み出した先祖の人たちの力も感じさせられました。

 

個人鑑定のお問い合わせ ryu-mei@kje.biglobe.ne.jp

電話占い http://roba3.com/expert/id159 http://078319.jp/index.php

スマホチャット占い @chaplizappallas

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei

 

運を下げない生き方をお伝えします 日常生活で気を付けられる運を下げない方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です