★るろうに剣心 和月伸宏容疑者 デビューは天中殺(加筆修正アリ)

和月伸宏容疑者 1970年5月26日生まれ

デビューした1987年の運気は「天中殺」です。  

(寅卯天中殺→寅年と卯年が天中殺 12年間のうち2年間回る)

(月ごとの運気の天中殺→毎年2月と3月)


「天中殺」とは、不安定な運気です。


算命学では、物事が始まった時の運気を重要視します。


仕事であれば、その仕事に就いた時の運気がどういう運気なのか。


更に、今の仕事に携わっている限り、仕事に就いた時の運気の作用をずっと受け続けることになると考えます。


「天中殺」で始めたことが、結果として大きく伸びた場合


そのことにあぐらをかくと、途端に足元を掬われることに…




和月伸宏容疑者のデビュー当時の「天中殺」を鑑定


① 「幸福感・満足感・達成感」といった意味合いの星が、「天中殺」の作用を受けています。


このために成功するほど、結果を出すほどに、本人としては幸福感が得られなくなる状態→むしろ、満たされない・虚しい気持ちになっていくと見ます。


そういった思いを受け止めていくことが求められます。

 



② 「財を示す星」が「天中殺」の作用を受けています。


こちらも成功してお金を手にするほどに

お金に対する欲をコントロールしていくことが求められます。

 


また、「天中殺」で手にした財というのは、お金に対して異常性を出すことに…

つまり、使うべきところは使わず、使うべきでないところに大金を使う

といった状態を招きます。


自分でお金の管理は、しない方が無難です。

 



③ 「人間関係・きょうだい・同僚・仲間」といった意味合いの星が、「天中殺」の作用を受けることによって


これらの人たちとの関係がスムーズにいかないことが起こやすいです。


自分からこれらの人たちに頼ったり、力を借りてしまうと、本人の運勢としてはダメージを受けると見ます。


特に、この「天中殺」の作用においては、自分から敢えて周囲との関係を断つことによって、


自分自身を見つめていくことを、運気としては求められます。


作品の製作において、スタッフとのコミュニケーションは必須だと思いますが、


極力、自分の力で取り組むこと・スタッフと仲良しクラブ的な関わり方をしないことが望ましいです。


孤独になることをおそれないことが求められる運気です。

 




カリスマ性を持つ宿命


カリスマ性を持つ宿命というのは、自分の姿が実際よりも存在感を増し


同時に、実力以上の力を発揮出来る能力を持つことを意味します。


算命学では、ありのままの姿を「実気」といい

カリスマ性を持つことなどで変化した姿を「虚気」と言います。

 

特に、和月伸宏容疑者がデビューした運気からは

カリスマ性が更に強まっていることが表れています。


更に、「天中殺」という異常性を持つ運気の作用が働くことにより

「虚気」が更なる「虚気」となり、もはや「実気」に戻れない→

本来の自分自身が分からないといった状態に陥ります。


こうなってしまうと、本来の自分を取り戻すためには

かなり衝撃的な出来事が必要となってきます。

 




現在の運気の流れ


44歳から始まって10年間続く運気にいます。(2017年11月現在・47歳)

(44歳の誕生日から54歳の誕生日までの運気を指す) 


今の10年間の運気からは、「自分を示す星」というのが

大きく展開している状態となっています。


このために自分を取り巻く状況も、大きく展開すると占います。

もしも、問題が起こった場合は、事が大きくなると予想します。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定


NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

     

    清水良太郎被告と清水アキラさんの関係



    良太郎被告が親中殺の宿命であること


    良太郎被告の宿命からは、両親との縁が薄いことが表れています。


    これを親中殺の宿命といいます。 


    両親との縁が薄い宿命であることは、


    自分の親が成功している道と同じ道を進むことに無理が出てきます。


    両親との縁が薄い宿命の者は、自分から両親に頼る生き方はよろしくありません。


    親と同じ道を進むことで、実際に上手くいったり成功しても、

    長い目で見た場合に、自分自身の運勢にとってはマイナスとなるからです。


    両親との縁が薄い宿命であることが、よろしくないのではなくて、

    自分から両親に頼らずとも生きていかれる宿命であることを、活かすかどうかが重要となります。


    このことが自分の運勢に影響してくると「算命学」では考えます。




    清水アキラさんから見て良太郎被告が生まれた時の運気は「天中殺」


    このことはアキラさんから見た場合に、良太郎被告との縁が薄いことを示しています。


    アキラさんとしては、自分の子供であっても子供でないような育て方、


    自分は自分・子どもは子どもといったように

    セパレートして考えていくことが求められていました。


    つまり自分にとって縁の薄い子供は、子供自身がしっかりと自立出来るよう、

    親としては早い時期からそのように育てることが必要なのです。




    アキラさん 53歳から始まって20年間続く運気は「大運天中殺」

    (2017年11月現在・63歳)


    「大運天中殺」も「天中殺」と同様に不安定な運気です。


    「大運天中殺」の運気で起こるかもしれない運勢のマイナス面を

    良太郎被告が身代わりとなってくれたところがあると「算命学」では考えます。


    「大運天中殺」に起こった出来事は、良い意味でもそうでない意味でも、「枠」というモノがなくなります。


    更にアキラさんの「大運天中殺」と状態からは、事が起こった場合に

    より事態が大きくなる可能性が表れています。


    また「大運天中殺」で受けたダメージという点から見ると、


    やはりダメージの枠がなくなる→非常に強いダメージとなるおそれがあります。

    今後もアキラさんは芸能界に身を置くならば

    子どもには違う生き方をさせることです。

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

    子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

     

    個人鑑定・お問い合わせ