浅野忠信さん 初旬大運天中殺 宿命中殺アリ

浅野忠信さん 1973年11月27日生

デビューは「初旬 大運天中殺」  


「大運天中殺」とは、不安定な要素を持つ運気です。

(7歳から始まって10年間。17歳の誕生日まで)

 

「大運天中殺」で成功するためには、犠牲となるモノが必要というのが「算命学」の考え方です。


浅野さんの「大運天中殺」には、或る特徴があります。


一番最初に回ってくる大運が「初旬」(しょじゅん)が「大運天中殺」となっていることです。

(大運とは、運気の流れを10年間ごとに区切ったモノ)


「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり

人生の基礎や土台が形成される運気です。




浅野さんの「初旬」がどういった「大運天中殺」であったのか


「妻を示す星」が回っており、この星が「大運天中殺」の作用を受けます。


妻のCHARAさんと離婚していることから、このことが妻運を犠牲にしていると捉えます。 




「父親を示す星」が回っています。

(厳密には父親に準じる星ですが、父親と見なす)


今回、父親が覚せい剤で逮捕されたことで、父親自身の運勢は下がります。


しかしながら、浅野さんの「大運天中殺」から見た場合

浅野さん自身の運勢としては救われることになると捉えるのです。

 


父親の逮捕によって、なぜ息子が救われることになるのか。


理由は、父親の運勢が犠牲になることで

浅野さんの運勢が保たれる状態になっているからです。


「大運天中殺」でのデビュー。

俳優業で成功し、更にそのことを維持するためには

離婚だけでは犠牲となるモノが足りなかった、ということです。




浅野さんの来年と再来年の運気は、「天中殺」です。

(2018年2月節分から2020年2月節分前まで)


来年2月節分から2年間は「天中殺」となりますが、来年2月を待たずに前倒しで来ることもあります。

(毎年決まって10月と11月は月運天中殺 今年2017年は10月8日から12月6日まで)

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

宿命が分からなくても自分で判断出来ること→結婚における重要な事項

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 


NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 



鑑定の御案内

個人鑑定・お問い合わせ